1907_art_selection_top

帝国ホテルプラザ「アートセレクション」
熊倉涼子 個展「coniunctio」

8月7日(水)~18日(日)
※最終日の展示は17:00で終了
1907_art_selection_top
物事とは似て非なる虚構を写実的な技法で描く画家・熊倉涼子の個展。歴史のなかに現れては消えていくイメージやかたちをモチーフにした新作絵画を発表します。
※coniunctio(コニウンクティオ):ラテン語で「結合」の意
(観覧無料)
【開催場所】愛でるギャラリー(しゅう) (2階)

■熊倉 涼子
1991年、東京都生まれ。2014年に多摩美術大学(油画専攻)を卒業後、国内外の展示やアートフェアに出品。“古来より人々がどのように世界を理解してきたか”をテーマに据え、インターネットや図鑑などからイメージを蒐集し、それを参照して工作したオブジェをもとに静物画を描く。主な個展に、2016年「PICTOMANCY」(RED AND BLUE GALLERY/東京)、2018年「Pseudomer」(同会場)がある。2019年「群馬青年ビエンナーレ」に入選。

1907_art_selection_0131907_art_selection_0121907_art_selection_011