Spring and Summer 2017 / INTERVIEW

2017mag_spring_interview_title

人の心を捉える美しさは、
外見を磨くことだけでなく
輝く心からも生まれます。
凛とした姿が魅力の人気モデル
松田珠希さんの美の秘訣とは。

2017mag_spring_interview01

DRESS ¥280,800(LEONARD PARIS)
 
自分の幸せは、自分で作り出せる女性でありたい

心身の美にプラスの影響を与えているのは大好きなお料理だという松田さん。

「一日を終えて頭の中が雑然としているときでも、手際を考えながら料理に集中すると気分がすっきりします。野菜を切る作業などは無心になりますから、私にとって一種のメディテーションかもしれません」。
美しい肌を保つためにも手料理がひと役買っています。
「以前、何も肌につけられないほどの肌荒れを起こしてしまった時、良質なオイルを意識して摂ることで良くなりました。今でも上質なオリーブオイルを中心に、さまざまな種類を使い分けてサラダにかけたり、手作りのお菓子に入れたり。肌の潤いが増すだけでなく、気持ちも高まるように思います」。

運動はあまり得意ではないけれど、移動はできるだけ歩くことにしているそう。

「撮影の後など、3~4駅くらいの距離なら歩いて自宅まで帰ります。好きな音楽を聴きながら早足で歩くだけで気持ち良く汗がかけますし、家に着く頃には身体もぽかぽかに温まります」。

モデルとして最高のパフォーマンスを引きだす秘訣は、心身のコンディションを普段から整えておくこと、といいます。

「心と身体はつながっていますから、幸せかどうかは必ず外見に表れるように思います。だから私のポリシーは『楽しく生きること』でしょうか。生き生きと楽しく過ごしていれば表情も輝きますし、仕事でも人間関係でも、自然と幸せな巡り合わせが引き寄せられてくるような実感があります」。

2017年のテーマは『遊』なのだそう。

「人生を楽しもう、という決意を込めました。私は毎年、少し長めの休みを取って海外へひとり旅をするのですが、今年は思い切って2回行こうと考えています。東京も大好きな街ですけれど、ときどき、新しい環境に身を置くことで刺激をもらい、仕事への活力も生まれます。仕事にも人生にも悔いを残さないよう、自分の幸せは自分で作り出せる女性でありたいですね」。

松田珠希
Model TAMAKI MATSUDA
1985年鹿児島県生まれ。モデルとして、ファッションやスキンケア、メイクアップなどの広告や雑誌、CMに多数登場。女優として、映画やドラマに活躍の場を広げている。