180514_35yers_july_eyecatch

開業35周年記念特別企画
撫養 優・方原典子「和の茶箱・洋の茶箱展」

方原典子・撫養優写真

7月3日(火)〜7月9日(月)
「生活に彩りを」をテーマに、西陣織を使用した撫養優氏の洗練された「和」の茶箱と、海外有名デザイナーの生地を使用した方原典子氏の華やかな「洋」の茶箱の展示をいたします。
また、ランプシェードや椅子など独自の世界観を表現したホームインテリアも展示いたします。
日本の伝統美がさらに輝きを増した工芸品や目を引くような色使いのファブリックを是非お楽しみください。(観覧無料)
【開催場所】愛でるギャラリー祝(2階)

■撫養 優
日本の伝統工芸である着物や帯の美しさに魅了され、アンティーク着物や帯地の茶箱アートを制作。国内で展示会を開催するだけでなく、今年3月にプラハで開催された「チェコ建国100周年記念 “日本の祭典”in プラハ」に作品を出展するなど海外でも評価されている。

[撫養 優氏 作品]
180514_35yers_july_muya01180514_35yers_july_muya02180514_35yers_july_muya03

■方原典子
海外から生地を輸入し、その生地の美しさを茶箱の制作を通して伝えている。また、インテリアとしての茶箱普及のため、全国各地でイベントやレッスンを行うなど、活動をしている。女性だけのモノづくり集団「NOBU’S茶箱ラボ」代表。

[方原典子氏 作品]
180514_35yers_july_masahara01180514_35yers_july_masahara02180514_35yers_july_masahara03180514_35yers_july_masahara04