181024_35th_artsalon-dec_eyecatch

帝国ホテルプラザ開業35周年企画「アートサロン」
竹久夢二の世界

181024_35th_artsalon-dec_samnail

12月10日(月)~12月25日(火)※最終日の展示は17:00で終了
美人画で一世を風靡した「大正ロマン」を代表する画家・竹久夢二氏による貴重な肉筆画のほか、雑誌の挿絵となった初版木版画の作品、代表作である「黒船屋」などの厳選した復刻木版画をご紹介します。
(観覧無料)
【開催場所】愛でるギャラリー(しゅう) (2階)

■竹久夢二
大正ロマンを代表する画家。「大正の浮世絵師」とも呼ばれ、その抒情的な美人画は「夢二式美人」として人気を博す。児童雑誌や詩文の挿絵、詩や歌詞、童話の創作の分野でも才能を発揮し、創作した詩「宵待草」は大衆歌として愛唱された。このほか、書籍の装幀や広告宣伝物、日用雑貨、浴衣のデザインも手がけたことから、日本の近代グラフィックデザインの先駆者としても評価が高い。

181024_35th_artsalon-dec_04181024_35th_artsalon-dec_03181024_35th_artsalon-dec_02