Christmas 2018 / Special feature

181108_magazine_title08

クリスマスシーズンの帝国ホテルプラザのロビーを華やかに彩るディスプレイ。
今年も代官山の「クリスマスカンパニー」プロデュースによる、
独創的なクリスマスの世界に誘います。

181108_magazine_photo08-01

代官山 クリスマスカンパニー
山﨑公美さん


“364日クリスマス・イヴ”をコンセプトに、主にヨーロッパから集められたクリスマスグッズを扱うショップ。

東京都渋谷区猿楽町29-10ヒルサイドテラスC-13
TEL. 03-3770-1224
営業時間 11:00〜19:00 不定休
www.christmas-company.com

 

35周年アニバーサリーを祝う
スペシャルな女神像

今年のクリスマスフェアは“La Déesse de Noël 〜クリスマスの女神〜”がテーマ。プロデュースを手がける代官山 クリスマスカンパニーの山﨑公美さんにコンセプトを伺います。

「帝国ホテルプラザのクリスマス装飾をさせていただくのは今年で3年目です。一昨年は日伊国交150周年記念でイタリアングラスオーナメントを使った“Italian Christmas”、昨年はドイツのブローグラスのオーナメントで青の世界を表現した“Blue Magic Tree”、そして今年は、帝国ホテルプラザ開業35周年を記念し、何か特別なものを作らせていただきたいと思いました。イメージしたのは、モミやハーブの枝を使用したドレスをまとう美しい女神像。34本のキャンドルが灯る小道を振り返るように佇む女神像は、開業以来プラザに訪れてくださったお客様への感謝の気持ちを表現しています。そして女神の手には35本目のキャンドル。輝く未来に向かって一歩ずつ歩んでいくという願いを託しています」。

今まで見たことのないオリジナリティあふれるクリスマスディスプレイになりそうですね。創作にあたってのこだわりをお聞かせください。

「帝国ホテルプラザのお客様は、感性が研ぎ澄まされていらっしゃいます。そういったお客様に“美しい”と感じていただけるよう、ステレオタイプの表現ではなく、まったく新しいクリスマスをお届けするのが目標です。今回は私の頭の中の想像図を形にしていくという、まさにゼロから作り上げていくアート作品のようなディスプレイです。スタッフ一人一人が同じビジョンを共有しなければイメージ通りの完成形にはたどりつけません。複数のスタッフでイメージを共有することほど難しいことはないのです。ですからコミュニケーションを密にし、帝国ホテルプラザにふさわしいスタイリッシュな女神像、オートクチュールのようなツリードレスに仕上げたいと思っています」。

181108_magazine_photo08-02

クリスマスディスプレイのイメージ画。
女神をモチーフにしたユニークな発想をお楽しみください。

クリスマスを通して
笑顔の瞬間をお届けしたい

一般的にクリスマスツリーやオーナメントにはひとつひとつ意味があるそうですね。

「ツリーに飾り付けを始めた発祥の地はドイツのようです。昔の絵を見ると、本物の鳥や林檎、木の実がツリーに掛けられていました。ツリーはモミの木のような常緑の針葉樹を用い、永遠の命を象徴しています。林檎はアダムとイヴが食べた知恵の実から派生し、赤いオーナメントボールで表現されています。松ぼっくりは収穫を意味し、身近にあったものを飾った名残りですね。ツリートップは国ごとに違いがあるのですが、星のモチーフが主流です。そういったアイテムの背景に思いを馳せてみるのもクリスマスの楽しみ方のひとつだと思います」。

ここ数年は、クリスマスまで日めくりをするアドベントカレンダーが日本でも人気ですね。

「世界各国共通で、子ども達はクリスマスにもらえるプレゼントが待ち遠しいので、カウントダウンしながら12月を楽しく過ごすのです。アドベントカレンダーにもいろんなタイプがあり、オーソドックスなものは紙製で日付が書かれた扉を1個ずつ開けていくタイプ。最後の24日は大きな窓になってクリスマスらしい絵が描かれていたりします。また24個の小さな引き出しにお菓子や紅茶が入っているものもあります。変わり種では、ドイツのお香メーカーが作ったもので、1日ずつ違う香りを楽しめるユニークなカレンダーもありますよ」。

クリスマスカンパニーは東京・代官山にお店をオープンされて33年と伺いました。まだクリスマスを祝う習慣が今ほどは盛んでなかった当時の日本で、クリスマス専門店を始められたのはなぜなのでしょうか。

「海外ではクリスマスグッズを扱うショップは、お土産物屋さんのような感覚でさまざまな場所にあります。東京にもそんな夢のあるお店が必要と思いオープンしました。日本の方にクリスマスをもっと身近に感じていただきたくて、幅広いラインナップを扱っています。33年の間には、ご両親に連れられていた小さな女の子が成長されて、母親になりお子さまを連れてまた来店してくださるという、なんとも微笑ましい光景に出合うことも。クリスマスを通して、お客様がハッピーな時間を過ごすお手伝いができれば幸いです」。

181108_magazine_photo08-03

あたたかなログハウスを思わせる店内は、クリスマスグッズが所狭しと並ぶ楽しい空間。
オーナメントをはじめ、人気のアドベントカレンダーもたくさん揃っています。