Spring and Summer 2019 / Antique Fun

1903_magazine_title07

長きにわたり愛されるその美しさと芸術性。
多彩なアンティークコレクションを愛でるとともに、
私たちを惹きつける魅力を探ります。


1903_magazine_photo07-01

パール、ダイヤモンド、 ガーネットが魅せる、春の息吹き。
柔らかな若葉と瑞々しい花の蕾を彷彿とさせる、繊細なデザインのブローチです。19世紀末に人々を魅了したパール&ダイヤモンドのジュエリーは、双方の素材の魅力を引き立てる、最も美しく普遍的な組み合わせとして大変人気がありました。柔らかな輝きのナチュラルパールを花に見立て、葉をダイヤモンドと、当時ウラル山脈で発見された希少価値の高いデマントイ ド・ガーネットで表現しています。立体的かつ表情豊かに仕上げられたフォルムの美しさと、三様の色彩のコントラストが際立った逸品です。

¥1,840,000 (19c / ENGLAND)


1903_magazine_photo07-02

耳をすますウサギの、 今にも動き出しそうな躍動感。
フランスの磁器ブランド〈セーブル〉は、1700年代から国窯としてフランス宮廷文化の美を伝えてきました。繊細な装飾が人気を博す一方で、釉薬をかけていない素焼きの白磁である「ビスク」が18世紀に 流行。1900年ごろのアールヌーボー期に再び注目が集まり、〈セーブル〉を含んださまざまなメーカーが、曲線美の魅力的な女性像や、動物などの作品を生み出しました。今回ご紹介するウサギのビスクは、作家G.GARDETによるもの。細部まで表現された躍動感溢れる一品です。

¥200,000 (c1928/ FRANCE / H17.5cm)